歯がグラグラ

歯がグラグラ揺れるのは、 歯周病の進行・歯の破折などの理由が考えられます。

歯が大きく揺れるのをそのまま放置すると、

  • 不快症状がある
  • 集中力の低下
  • 噛み合わせの力が入らない
  • 痛い

…等の症状が発生します。

当クリニックでは、 保存が可能な歯は隣の歯と連結し揺れを押さえる 等の治療により極力歯を残します。

歯を抜いた後をそのまま放置すると、 噛み合わる力の減少・歯の移動 などの二次災害が発生します。

特に治療をせずに放置した期間が長いほど二次災害は悪化してしまいます。

歯のない場所を解決する方法には、 連結冠による修復・インプラントによる回復・義歯による回復 が一般的です。

当クリニックでは患者さんにご説明の上、治療方針を患者さんと一緒に決めて治療いたします。

出来るだけ早めにお電話をいただき、ご予約をお取り下さい。

歯の欠損に対する最善の治療方法は状態によって異なります

①欠損している周囲の歯に修復履歴が無い場合

インプラント治療、周囲の歯を最小限調整~セラミックの連結冠で修復するのがベストな治療方法です。

金属を使用した修復では歯を大きく調整する必要があり、大きく削っても外れやすいので推奨しません

②欠損している周囲の歯に部分的な修復履歴がある場合

インプラント治療、部分的な修復を除去~歯を極力残すセラミックの連結冠で修復するのがベストです 

金属を使用した修復では歯の調整を大きく取る必要があり、大きく修正しても外れやすいので推奨しておりません

③欠損している周囲の歯に全体的な修復履歴がある場合

インプラント治療、全体的な修復履歴を除去しセラミックでの連結冠で修復するのがベストです

金属を使用した修復では歯へのダメージが大きく、外れやすいので推奨しておりません

④欠損している範囲が大きい場合

連結冠での修復が困難になる場合が多いので、インプラント治療、特殊義歯治療がベストです

健康保険で作成した義歯は理想的な治療法とは言えないので推奨しておりません

当院では、欠損を回復するインプラントは治療の選択肢として確立されており日常的にインプラント治療を行っています。

インプラントとの比較

  • 患者さん・術者ともに無理をしないインプラント治療を心がけている事
  • CTの確実な読影による分析~解析・入念な準備・専用器具の準備
  • 様々な状況に臨機応変に対応出来る術者のテクニック
  • 高倍率の歯科用拡大鏡の使用による高精度の手術
  • 結果を急がない事

を実践している為、過去に失敗・トラブルは一件も無く、年々施述件数も増えています。

歯を失った際の有効な治療の選択肢の一つとして、記憶に留めて頂きたいと思います。

0120-052-092 03-5816-0345

0120-052-092

  • アクセス地図
  • 相談・予約・お問い合わせ
  • JR各線「上野駅」から徒歩1分
  • 地下鉄銀座線・日比谷線「上野駅」4番出口0分
  • 地下鉄大江戸線「上野御徒町駅」A8出口5分
診療時間
10:00-13:00
14:30-19:00

▽土曜18時まで ☆日祝17時まで