• お礼

    年上の、(多分)お金に困っていない人へのお礼は(相変わらず)非常に難しい。お酒、なにがしらのアメニティ的な物(ハンドソープ、ルームフレグランス等)趣味の物、などいろいろ考えはするが決定打にかける。自宅に招待して何か作って食べてもらおうかとも考えたがどうにもムリがある。

    少し話し込む時間がありそれとなく探ってみたが欲しいものは無いそうである。F40を引き取ってもらってもそれで欲しいものが無いそうである。そうなるとかえって何もしない方が良いのでは?という選択も頭をよぎる。

    幸い彼に虫歯があった。今回はその歯を治療するという内容でお礼は出来たと思う。お互いの歯を治療して決着。そう、彼も歯科医なのである。初対面は私が歯科大生の時。当時はこのような場面が来るとは思わなかった。大先輩に信頼してもらえるのも嬉しいものである。

     

    医療法人社団 K-スマイルデンタルクリニック
    理事長 北田雄丈

    〒110-0005東京都台東区上野6-16-16 上野ORAGAビル6F

    03-5816-0345

  • 更にインプラント治療

    8月、9月と非常に忙しく久々のコラム更新である。今現在、地域性もあるがインプラント治療を日常的に行っている歯科医院は実は非常に少なくどうしてもインプラント治療が集中する傾向にある。その為の準備と分析に時間が掛かるので隙間時間のコラム更新が出来なかった訳である。

    インプラント治療をご提案・ご説明し施術の方向が決まったら、資料(CT撮影・口腔内模型)を採取する。その資料を基に診断と分析をするのであるが、個人的には石膏模型で再現した患者さんの口腔内に粘膜部分を調整した上で一度インプラントの窩洞をプレパレーョンする。(一度、石膏模型にインプラントドリルし使用して埋入する穴を削ってみる。この作業によりおおよその方向・角度などの感覚がつかめる。試験勉強等では、集約した物を書いて覚える事でクリアしてきたのでその感覚に近いかもしれない。デジタル世代の最近の学生はどういうお勉強方法をとっているのだろうか?)

    一度、石膏模型でシミュレーションしてみることにより手術時のポジション(この重要な手術時のポジションについて書いてある学術書は見たことが無い)、注意事項、埋入角度・方向がほぼ100%頭に入るのである。この石膏模型を使用して(埋入角度・方向をガイドする)サージカルステントを作成する。

    個人的な感覚では、インプラント治療は術前の診断と準備がトータルの70%くらいの割合を占めているように思う。その準備に時間が掛かるのである。

     

    医療法人社団 K-スマイルデンタルクリニック
    理事長 北田雄丈
    〒110-0005東京都台東区上野6-16-16 上野ORAGAビル6F03-5816-0345

  • 俺、上手い と言われても

    あまり用事の無い地域、あまり行かない地域に用事があり行って来た。母校のあるエリアではあるが普段の生活エリア外の場所である。そう言えば、大昔にこの辺に(歯医者、勤務医)就職の面接に来た事を思い出した。

    面接時、初対面で 俺、上手いからうるさいよ (何にうるさいのだ?)と言われ持参した履歴書を落としそうになった事も思い出した。結局就職先には不適格との判断で後日お断りをしたのだが、確かに医院長は記憶に残るキャラクターではあった。

    そんな思い出に地の前を通過してビックリ。屋号が変わっていたのである。正確には何らかの理由で廃業→居抜き物件のようである。イロイロ言い出せばきりがないが、多少複雑な気持ちにはなる。

     

    医療法人社団 K-スマイルデンタルクリニック
    理事長 北田雄丈
    〒110-0005東京都台東区上野6-16-16 上野ORAGAビル6F03-5816-0345

  • 逃がした魚は

    いつかは(激安で)乗りたいと思う車にベンツのGクラスがある。多分各世代を2~3回試乗しているが現在に至るまで購入していない。(新車高いし、近所のベンツディーラーから連絡無いし))ずいぶん前に埼玉の中古車屋に激安のGクラスがあった。当時(わざわざ)埼玉まで行った訳であるが購入には至らなかった。

    記憶を辿ると

    ・確か1992年が1993年型、メタリックレッドのショートボディ、右ハンドル、300Gだったかな?320Gだったかな?(現在ショートボディは生産しておらず、相場上昇中。この先見の明のなさ。トホホ。)

    ・走行距離は38000キロくらいで330万円くらいだったかな?無改造、整備記録簿あり、ワンオーナー車だったかな?

    ・確か、助手席側の窓だけが何故か交換されていた。(窓に刻印されている番号が違ったのである。いたずらか車上荒らしか?)この事実が引っかかって購入に至らなかった。

    ・車検が切れていて、中古車屋の敷地内をぐるぐる試乗(30分ぐらい)はしたが車の状態は良く分からなかった。(公道でちゃんと試乗できていれば購入したかも。)

    ・後日、全く同じ車が(業販されたのか)規模の大きい輸入中古車店の在庫にあり、お値段まさかの100万円アップ。

    現行のGクラスはロングボディしか選択できない(無駄感が強い)のとボディがワイド過ぎるので好みでは無いのである。逃がした魚は、逃がしたGクラスは大きかったのである。でもやっぱりショートボディのGクラスの右ハンドルは(お得に)欲しいな。

    スピード出ないし、災害にも強そうだし。

     

     

    医療法人社団 K-スマイルデンタルクリニック
    理事長 北田雄丈
    〒110-0005東京都台東区上野6-16-16 上野ORAGAビル6F03-5816-0345

  • 社長、午前中はバタバタしてますから

    製造から50年近く経過した自動車を購入する場合慎重になるものである。購入指南書(今ならネットの購入体験記)には数を多く見ろとか、目利きを連れていけとか、自分がエキスパートになれとか、車より店を見ろとか書いてある。先日、そんな自動車を見学に行って来た。実は10代の頃よりその店の存在は知っており(当時は派手に雑誌媒体に広告を載せていたのである)30年越しの訪問となった。

    昨年、一度電話で在庫確認をしており(その在庫車は少なくとも3年は在庫中)今回改めて電話でアポイントを入れた次第なのだが、電話の時点で「社長、午前中はバタバタしているので午後の遅めの時間でお願いします」と言われていた。

    そして、言われた通り15時30分に到着。到着してみると、終始バタバタであった。長くなるのでかいつまんで書くと

    ●社長は今年お会いした方で最強の腰の低さであった。ちょっとビビった。

    ●立派な自社ビル!(妙に商談スペースが狭いなと思い聞いて見るとかつて広いショールームだったお隣を賃貸中)

    ●狭いだけなら良いのだが商談スペースが整備工場と兼用。お隣でフェラーリをバラバラに分解中。

    ●エンジンを着脱するチェーンブロックが目鼻さきにあり、買わないと吊されちゃうかな?と思ったがそんなことはなかった。

    ●出して頂いたコーヒーは何故か美味でビックリ。

    ●商談中も終始バタバタ。

    想像するに、いわゆるバブル期に(立派な)自社ビル建設→資金繰りが悪化→金融機関と厳しいやり取り→今の腰の低さではないだろうか?裏が取れないのが残念である。大体どこの自動車販売店に行っても車を見るのは5分(見ても錆の状態までは塗装を剥離しないと分からない)その販売店の方向性を聞くのが45分である。

    記憶に残る販売店ではあった。

     

    医療法人社団 K-スマイルデンタルクリニック
    理事長 北田雄丈
    〒110-0005東京都台東区上野6-16-16 上野ORAGAビル6F

    03-5816-0345