• お礼のお土産はワンカートンで

    感謝の気持ちを相手に伝える手土産の定番は、洋菓子だろう。先日、前記した様な場面で手土産の選択に困り、人生で初めてタバコをワンカートン購入した。タバコを吸わない筆者はタバコの銘柄に疎いので、セブンイレブンのレジでしつこく確認した上でワンカートン購入した。購入したのはショートホープで、ワンカートン¥6000であった。現代では意外にタバコが高い事に驚き、1週間のタバコ代を考えると非喫煙者で良かったと思う瞬間であった。恐らくタバコワンカートンと洋菓子は、ほぼ同等の購入コストが掛かるが、消費の仕方は大いに異なる。

    ヨーロッパの何処の空港かは忘れたが、免税店で妙な物を売っていた。明らかに癌などの病変部位の写真をパッケージに印刷している物が陳列されているのである。よく見るとそれらはタバコであり、タバコの銘柄とロゴは、病変写真の僅か数分の一の大きさであった。アジア圏とヨーロッパとの喫煙に対する認識の違いにも驚いたが、そんなパッケージのタバコを買っていく人が多いことに更に驚いた記憶がある。

    やはり感謝の気持ちを伝えるお土産は洋菓子が良い。

    医療法人社団 K-スマイルデンタルクリニック
    理事長 北田雄丈

    〒110-0005

    東京都台東区上野6-16-16 上野ORAGAビル6F
    03-5816-0345
  • 治療方針を確認してから

    6月は時間の掛かる患者さんが多く、7月も同様である。治療に時間が掛かると言うことは、咬合や審美性に重大な問題があるので、現状の分析と治療方針の決定にも時間が必要になる。
    6月はこのコラムの更新が出来なかったのはこの様な理由による。多くの患者さんに共通しているのは、治療方針を決める前に歯を抜かれてしまっている事だろう。その為リカバリーに非常に時間が掛かる事が多く、治療期間が長期になる傾向がある。インプラント施術が一段落して時間が出来たので、抜歯をする前の注意喚起をしていきたい。

    インプラント治療で希に当院と他院を比較する方がいるが、これは時間の無駄であろう。
    抜歯即時埋入をすれば大幅な治療期間の短縮と、身体への負担軽減が可能であるが、(抜歯即時埋入は非常に高度な技術を要求するので)歯科医師が全員出来る訳でなない。
    インプラント治療は非常に奥が深く日々のアップデートも不可欠なので、インプラント治療を語り始めると長くなる。長い話を端折って書くと、歯科医師の技術レベルは同一では無いと言う事実を認識するべきだろう。

    患者さんには兎に角、歯を抜く前に治療方針をしつこく確認して欲しい。これは歯科医師にも言える。
    本当にリカバリーが大変になるので、注意して欲しい。

    医療法人社団 K-スマイルデンタルクリニック
    理事長 北田雄丈

    〒110-0005

    東京都台東区上野6-16-16 上野ORAGAビル6F
    03-5816-0345
  • 究極の予防

    当クリニックでは理事長の北田が自ら服用して、効果を実感しているサプリメントを紹介している。脳神経を積極的に再生する効果のあるサプリメントで、筆者は1年以上このサプリメントを服用しており、心身へのプラス効果を実感している。かなり端折って説明すると、何か新しい事を始める時や、新しい物の使い方を覚える場合、引っ越しなどをした際に周囲の道を覚える場合には、今までとは異なる新しい脳神経が繋がる。加齢と共に脳神経が繋がる速度が低下するために、物覚えが悪くなる・忘れやすい・物事の習得に時間が掛かる等の症状が見られる傾向にある。

    筆者が服用しているサプリメントは、天然ハーブ由来で上記の脳神経の構築と再生に効果があり(筆者は全く認知症の症状はないが)究極的には認知症の予防にもなると言う。
    あまり知られていないが、実は認知症も十分に予防が可能な疾患なのである。健常な中年男性がこのサプリメントを服用すると、頭が非常に冴える事を実感している。特に集中力を必要とするインプラントの埋入手術時には、極めて冷静に0.1ミリ単位の埋入深度コントロールと、埋入トルクコントロールが可能になる程に頭が冴える。

    物忘れが極端に減ったのも実感している。歯科治療はアーカイブ性が非常に重要なので、過去の治療時の記録から記憶を辿る事が多い。脳神経の構築と再生に有効なサプリメントを服用すると診療に有効な場面が非常に多い。このサプリメントは誰かに勧められて服用するよりも自ら服用するのが望ましいだろう。
    このコラムの自称キレのある文章は、サプリメント効果も大きいと思われる。筆者は常に頭が冴えている状態で診療を行っているのである。

    医療法人社団 K-スマイルデンタルクリニック
    理事長 北田雄丈

    〒110-0005

    東京都台東区上野6-16-16 上野ORAGAビル6F
    03-5816-0345
  • 歯科医師のテクニックと治療期間

    治療する歯科医師のテクニックの差異によって、患者さんの治療期間に大幅な違いがある。一般的な治療でもその傾向はあるが、口腔外科・インプラント治療の分野では、より一層その違いが現れる。抜歯後の生体の治癒が最も活発な時期を最大限に生かした治療計画は、歯科医師に高度な技術力を要求するが、治療期間は年単位で大幅に短縮される。筆者の経験上、歯科医師に高度なテクニックを要求する治療は文章にしたり説明をするのは簡単であるが、実際の施術は術野に対する視野の問題もあり、相当に難しい場合が多い。要するにインプラントの抜歯即時埋入は特に臼歯部において難しいのである。

    相当に難しい治療は普通の歯科医師には不可能であると言う解釈に間違いは無いだろう。治療計画の中に相当に難しい施術が必要な場合は、入念な診査診断とシミュレーションを行い、施術当日も時間に余裕を持ったアポイントをとる。具体的な施術時間は通常の施術時間と比較してプラス30分程度ではあるが、施術内容は遙かに高度である。術者である歯科医師のテクニックが患者さんの利益に直結するのが歯科医療であるが、治療期間の大幅な短縮も場合によっては十分に可能なのである。

    医療法人社団 K-スマイルデンタルクリニック
    理事長 北田雄丈

    〒110-0005

    東京都台東区上野6-16-16 上野ORAGAビル6F
    03-5816-0345
  • 基準点

    連続していたインプラント施術も一段落したので、インプラント治療について書いてみたい。インプラント治療の前には、いわゆる初期治療と平行して徹底的な口腔内の分析を行う。徹底的な分析には資料が必要なので、口腔内模型・レントゲン・CTを準備する。各種資料を元にインプラント治療に必要な分析を始めるが、大切なのは患者さん独自の基準点を決めることであろう。インプラント治療は埋入角度と深度が非常に大切なので、患者さんの基準点を頭に入れて分析を進める。

    実際の手術は分析結果を基に決まった手順に沿って淡々と行われる。分析により、手術中に起こりうるであろう事象も全て把握しているので、淡々と手術は進行する。実は手術時間は患者さんが異なっても、埋入部位と埋入本数によりほぼ決まっている。現代のインプラント治療では、術前に入念な準備をする事が大前提なので、治癒期間が早い傾向にある。筆者の感覚では、インプラント治療の時間配分は、術前の分析と準備が70%なので、インプラント治療が続いても問題は無いのである。

    インプラントの安定を待って歯の部分を作成するが、この場面でも当初の分析通りに淡々と治療を進める。分析後に術後のメインテナンスまでを考慮した治療計画を立てるので、定期検診時のメインテナンス、長期間のメインテナンスも淡々と行われる。インプラント手術だけは体力と気力を必要とするが、分析と準備が完璧であれば、患者さんの負担は大幅に低減される。
    当クリニックでは非常に多くの患者さんがインプラント治療を選択して下さるが、上記分析を徹底的に行っているので、患者さんへの説明時に詳細に説明出来るのも一つの理由であろう。
    コラム執筆よりもインプラント治療の分析と準備を優先している。

    医療法人社団 K-スマイルデンタルクリニック
    理事長 北田雄丈

    〒110-0005

    東京都台東区上野6-16-16 上野ORAGAビル6F
    03-5816-0345